以前乗っていたJT150Irmの詳しい紹介です
  • 初年度登録は1986年6月
  • 発売されたばかりの時の物で、最初期型です。
  • ちょうどこれが発売になった頃、唯一継続販売されていたPF型のZZ-Rが生産終了となり、私のIrmが納車された頃、最後の数台と言われていたPF-ZZが隣で納車整備されていました。
  • 翌年すぐにマイナーチェンジされてしまって悲しかったのを覚えています(;o;)
  • 詳しいスペックはこちら

    モディファイ?箇所
  • 1986年5月に発売になったばかりの車を買ったので、市販のパーツなどは当然ありませんでした。それからこつこつと.....

  • ウルトラ製ターボタイマー装着
  • マフラーを藤壷製に交換
  • ウルトラ製ターボメーターを装着
  • ウルトラ製シリコンプラグコードに交換
  • BLITZ製調整式リリーフバルブに交換>ブーストアップ
  • ブレーキパッドはマーベルタイプC
  • エアクリーナーをフォルザに交換
  • 当時はとても高かったウィランズの4点式ベルトを装着
  • G5製サイドステップを装着
  • スプリングをRSR製の物に交換
  • ショックアブソーバーをKYB-NEW SR specialに交換
  • ストラットタワーバーを装着
  • .........など行っていました。


    故障修理箇所

  • 約50000km走行後にタイミングベルト切れ、交換
  • フルブーストでクラッチが滑るため、純正対策品にクレーム交換(6万キロ走行後(^^;;))
  • フロントスポイラー補修暦多数、交換も一回。
  • リコール修理二回(ステアリングボルト、燃料系のパーツ)
  • ラジエターコア腐食の為水漏れ>交換。
  • など、やりました。これで約6年間&10万km元気に走ってくれました。その間オイル交換は2000kmに一回行いましたが燃費は非常に良く、街乗りで10〜12km/l、高速道路で12〜15km/lも走ってくれました。素晴らしい!


    PHOTO